生活・暮らし

カーシェアリングのメリットとデメリットとは?レンタカーとの違いや保険や料金など他社比較してみた!

皆さん、カーライフ楽しんでいますか?

最近の若者は「車離れ」が進んでいるとか言われていますが、車の需要自体は、田舎であれば車がないとかなり不便であるのは確かですよね。

都会にいれば、所有するまではないにしても「旅行や帰省で年に数回のみ必要」、もしくは「出張先で一時的に必要」など、一時的に使いたいって人もいて、実際はその人の住んでいる環境や利用頻度によるようです。

そんな時に活躍するのが、カーシェアリング、又はレンタカーです!

レンタカーは昔からあるサービスであり、かなりメジャーですが、カーシェアリングの方はまだよく知らない人も多いのではありませんか?

最近、かなり身近で良く見かけるようになっていて、コインパーキング内の敷地内にも数台確保されているのも良く目にするようになりました。

そんなわけで今回は、カーシェアリングについてメリットやデメリットは何なのか、レンタカーとのサービスの違いや保険、料金など他社との比較もしてみたいと思います。

カーシェアリングとレンタカーの違いって何?メリットとデメリットは?

ではまず、カーシェアリングとレンタカーの共通点から説明します。

購入せず必要な時だけ、お金を支払って一定の時間車を借りられる

この点では何も違いがありません。

次に、それぞれの違いについてみてみましょう。

レンタカーとは

車を有料で借りるサービス

数時間から1ヶ月まで幅広い期間借りられる

カーシェアリングとは

特定の自動車を会員間で共有し、それぞれが利用したい時間に、会員登録したステーションにて、短時間から借りる事が出来る

※会員登録が必要になり、更に1台の車を会員同士で共有する事になる

1台の車を複数で共有(シェアリング)するため、環境への影響軽減にも効果が期待できる

 

では、大まかな概要は解ったけど、それって結局カーシェアリングってお得なの?となりますよね。

更に分かりやすくするために、引き続きメリットとデメリットを説明します。

カーシェアリングのメリット・デメリット

カーシェアリングのメリット

面会手続きは一切必要なく、PCやスマホのみで入会手続きの処置が済む

10~15分等の数十分単位での利用が可能

・価格も100~200円とかなりリーズナブル

貸出、返却が24時間可能

・予約さえ入れておけば深夜も利用可能

ガソリンの満タン返しが不要!

 

ガソリンを満タンにして返却しなくていいのは嬉しいですよね♪

これはレンタカーを借りた事のある人であればかなり魅力的に思えると思いますよ。

ガソリン代は料金内に含まれており、ガソリンが減っていれば車内に備え付けられている給油カードで給油が可能だそうです。

あと、深夜借りたらお得になるナイトパックを設定している会社に登録していれば、かなりお得に利用出来るんです。

カーシェアリングのデメリット

会員制となっており、利用しなかった月でも費用が発生してしまう

他の利用者が借りていると借りられない時もある

清掃サービスがなく、シェアしている者同士のモラルに委任されている

乗り捨てる事が出来ないので、必ずステーションに戻さなくてはいけない

レンタカーのメリット・デメリット

レンタカーのメリット

色々な車が選べるので、その時の用途に合わせた車種が借りられる

(引っ越し⇒ワンボックスカーとか・・・)

会員登録が要らないので、一度きりの利用であれば、レンタカーが当然お得

車の清掃が完璧なので、安心してきれい状態の車に乗れる

乗り捨て可能

乗り捨てが可能なのはやはり便利ですね。○○県のA営業所から借りた場合、行った先の県のA営業所に返せます。

レンタカーのデメリット

・ 営業時間が限られているので、営業時間内に車を返却しなければならない

・ ガソリン満タン返し必須

・ 手続きに時間がかかる

手続きの時間はけっこうかかるので、出発時間がずれ込む経験をしたことが私自身もありました。免許証提示したり、保険の説明受けたり、ちょっと長いですよね。

あと、やはり前述しましたが、ガソリンの満タン返しは気になりますね。

カーシェアリングの保険ってどうなってるの?カーシェアリング登録会社ごと比較してみました!

では、それぞれのメリット・デメリットが分かった所で、「そもそもカーシェアリングの保険ってどうなってるの?」と疑問に持つ人も多いはず。

ということで、カーシェアリングを展開している代表的な2社の紹介と保険について比較してみたいと思います。

タイムズカープラス

カーシェアリングと言えばココ!という位の代表的な会社です。

補償内容

対人補償・無制限
対物補償・無制限
車両補償・時価格
人身傷害補償・無制限
搭乗者傷害補償・なし

基本的な補償は全て揃っていますね。

オリックスカーシェア

タイムズカープラスに並ぶ大手カーシェアリング会社です。

補償内容

対人補償・無制限
対物補償・無制限
車両補償・時価格
人身傷害補償・3000万円
搭乗者傷害補償・なし

タイムズカープラスと比較すると、人身傷害補償に制限が付いていますね。

まとめ

以上、カーシェアリングとレンタカーの違いやそれぞれのメリットとデメリットなどをまとめてみました。

近隣に時短での利用の場合は、カーシェアリングで、丸一日とか旅行で使う場合は、レンタカーの利用というように、用途に応じての使い分けが良いでしょうね。

車を使う頻度が月に数回という人にとっては、カーシェアリングもレンタカーも、とっても便利なサービスですし、マイカーの車検や車両保険代などの車にかかる維持費を考えるとこれからは、さらに利用者は増える気がしますね。

用途で上手く使いわけて、楽しいカーライフを送りましょう♪