生活・暮らし

断捨離を上手にやるコツ!やって良かった点や捨てられない時の判断基準は?

断捨離に挑戦してみたけど進まない、どこから断捨離していいか分からない、と悩んでいる方は、いらっしゃいませんか?

持ち物がたくさんあると、何を断捨離すればいいか分からなくて、手が止まってしまいますよね。

服だったり本だったり、持ち物には色々な種類があって、それぞれ大きさや形、処分方法が違うから迷ってしまうものです。

今回は、断捨離を上手にやるコツや、捨てられないときの判断基準についてご紹介します。

断捨離を上手にやるコツ①【最初にすべての物を一つにまとめる】

断捨離を効率よく進めるためには、場所別ではなくカテゴリー別で断捨離することが重要です。

最初の段階では、家の中にある同じカテゴリーのすべての物を、一つにまとめてください。

なぜ一つにまとめるのかというと、自分がどれくらいの量の物を持っているのかを視覚的に把握するためです。

最初に一つにまとめることで、一度に断捨離ができるので、スピード感もグッと上がりますよ。

何の断捨離をするにしても、「最初に一つにまとめる」ということを、必ず行うようにしてください。

断捨離を上手にやるコツ②【断捨離できる物の基準を知る】

断捨離できる物の基準について知っておくと、「断捨離するのか残すのか」の判断がすぐにできるようになります。

断捨離できる物の基準は、この5つですよ。

  1. もう使えないもの、壊れているもの
  2. 一年以上使っていないもの
  3. 二個以上あるもの、役割が同じもの
  4. まだ一度も使ったことがないもの
  5. また買い直したいと思えないもの

どんな物を手放すときでも使えるので、覚えておきましょう。

断捨離を上手にやるコツ③【楽に手放す方法を身につける】

まず、断捨離すると決めた物を「売れなそうな物」と、「売れそうな物」に分けます。

売れそうなものの基準は「欲しい人がいそうな物」ですね。

「欲しい人がいるかどうか」を基準にして分けていきます。

分別が終わったら、売れなそうな物はまだ使えるものでも、思い切ってゴミに出しましょう。

ゴミに出すのが何より手っ取り早く、断捨離をスムーズに進められます。

売れそうな物は、宅配買取やリサイクルショップに持っていきます。

宅配買取は、荷物をダンボールに詰めて送るだけで、物を買い取ってもらえるサービスです。

宅配買取を使うことで、店舗まで売りに行かなくてもいいので、物を売るハードルを下げられるからオススメですよ。

また、一度にたくさん売ることで買取金額が、アップする宅配買取サービスがあるので、高額買取が期待できます。

服を断捨離するには?

服は思い入れがあって捨てにくいと思うかもしれませんが、断捨離できる物の基準に従うことで減らすことができます。

服を全部出して一箇所にまとめる

タンス、クローゼット、収納ボックスなど、家のあちこちにある服をすべて、まず一箇所にまとめます。

残す服は「今着たい!」と思うものは残し、「痩せたら着るかも」とか「いつか着るかも」と思う服については処分を検討してみてはいかがでしょうか。

「いつか着るかも」と思う服は、結局は着ないことも多いものですよね。

服の量を減らすことでお気に入りの服を毎日着れるし、出かけるときに何を着ていくか迷わないので、ムダな時間を減らすことができます。

処分する服については、売れるようであれば、フリマアプリを利用するのもいいですね。

本・漫画を断捨離するには?

書籍は必要かどうかの判断が難しいと思うかもしれませんが、コツをつかめば効率よく手放せます。

本棚から全部出す

とりあえず全ての本・マンガを本棚から出して、ジャンル別にまとめましょう。

全て出すことで、一冊ずつ手に取って、本当に必要かどうかの判断がしやすくなります。

手放すべき本の基準は、この5点です。

  1. 買ったけどまだ一度も読んでない本
  2. また買い直したいと思えない本

さっぱり手放して本棚にスペースを開け、今のあなたに必要な本に出会える環境を作りましょう。

家具・家電を断捨離するには?

家具や家電は大きいモノですので、「一つにまとめる」ことができません。

サイズゆえに手放すのが大変ですが、断捨離が終わると、部屋がずっと広くなるというメリットがあります。

ただ、生活に欠かせない物まで捨てないように気をつけてください。

家具・家電を断捨離の基準はこの5点です。

  1. もう使えない、壊れている家電・家具
  2. 一年以上使っていない家電・家具
  3. 二個以上ある、役割が同じ家電・家具
  4. まだ一度も使ったことがない家電・家具
  5. また買い直したいと思えない家電・家具

家具や家電って処分するのが面倒なので、壊れているのに捨てずに放置してしまいがちなので、少し気合いを入れて断捨離しましょう。

家具・家電の処分方法は?

地域の自治体による粗大ごみの引き取りサービスを利用すると、業者に依頼するよりも安価で処理をすることができます。

注意点、冷蔵庫、エアコン、洗濯機、テレビの4つは、粗大ゴミとして扱われないので注意して下さいね。

これらを処分するときは、購入店に依頼して引き取ってもらうか、リサイクルショップに売る必要があります。

思い出の品を断捨離するには?

思い出の品は、最後に断捨離するのが良いでしょう。

なぜかというと、もっとも断捨離がしにくいモノだからです。

思い出の品を捨てられないのは、物を捨てることで思い出まで消えてしまうのではないかと、感じてしまうからだと思います。

今に集中するためには、思い出の品を手放すのが効果的です。

しかし、思い出の品を無理して捨てる必要はありませんよ。

今は思い出の品を手放せなくても、いつか踏ん切りがついた時に手放すくらいでいいと思います。

まとめ

断捨離を上手にやるコツや、捨てられないときの判断基準についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

断捨離の3つのコツを意識する、服、本・マンガ、家具・家電、思い出の品を捨てるの順で捨ててみましょう。

断捨離のコツは、同じカテゴリーの物を一つにまとめ、断捨離できる物の基準を知って、売れなそうな物は捨てて、売れそうな物が宅配買取で楽に手放すことです。

そうすることで、どんな物でも簡単に効率よく断捨離できます。

今まで上手く断捨離できなかった方は、ぜひ実践してみてくださいね。