季節・イベント情報

ホワイトデーのお返しの意味でマシュマロやマカロンやクッキーは何?

ホワイトデーは、毎年「3月14日」、一般的にバレンタインデーにチョコレート等をいただいた男性が、そのお礼のお返しとして、キャンディ、マシュマロやホワイトチョコレート等のプレゼントをその女性に贈る日とされています。

皆さん、ホワイトデーが近づくと、学校や職場で、いただいたチョコレートをもらった人へのお返しを考えますよね。

まあ、ほとんどの人が義理チョコですから、その義理返し?ということで、デパート等でもバレンタインデーが過ぎるとすぐに、ホワイトデーの特設売り場が目につきます。

特に、本命の彼女となると、色々と何を贈ろうかと悩んでしまうところでしょうね!

バレンタインデーで、好きな彼に喜んでもらおうと、頑張ってくれた彼女へのお返しですから、当然といば当然ですが、どうせ贈るなら、ちゃんと喜んでもらえるものをお返しとして選びたいですよね。

それなら、プレゼントを渡す前に知っておかなければならない事があります!

女性ならほとんどの方が知っているようですが、男性はというと意外と知らない方も多いのでは…。

それは、「ホワイトデーのお返しするものに意味がある」ってことなんです!

義理のお返しは別として、本命の彼女に贈るなら、その気持ちを100%伝える意味合いでも、最低限ホワイトデーのお返しの意味くらいは理解しておきましょう♪

あなたに悪気がないのに、何気なく選んだお返しで本命の人を傷つけたりしては、元も子もありません。

ホワイトデーの由来は?

バレンタインデーは、キリスト教のバレンタイン司祭の名前が由来。

3世紀のローマ皇帝は、若者の結婚を禁じていたそうです。

しかし、バレンタイン司祭は、ひそかに若者を結婚させており、それがローマ皇帝にばれてしまって処刑された日が2月14日と言われています。

そして、ホワイトデーが3月14日になったのは、バレンタインデーの1カ月後に恋人たちが改めて永遠の愛を誓ったというエピソードが基になっているようです。

ホワイトデーが始まったいきさつは?

ホワイトデーの始まりについては、諸説ありますが、福岡の「石村萬盛堂」という老舗の菓子屋が、バレンタインチョコのお返しに銘菓「鶴乃子」というマシュマロを販売したことから始まったというのが有力視されています。

なので、ホワイトデーの名称ができるまでは、マシュマロデーと呼ばれていたようですね。

そして、それが、マシュマロ以外のクッキーやマカロンなどにも需要が広がっていったようです。

日本では、バレンタインデーの習慣が定着してきた昭和50年代頃から、バレンタインデーのお返しをするようになったと言われています。

日本人は、もともと頂き物に関しては、お返ししなければいけないという意識が強いために、そんな成り行きから出来たと考えられます。

そこで、お菓子業界は、バレンタインデーのお返しをする日を作ろうと考えて、お店毎に思考を膨らませてお返しの日を設定したようです。

ホワイトデーのネーミングについては、全国飴菓子工業協同組合、「全飴協」が「3月14日はキャンデーを贈る日」を作ったという説と菓子メーカーの「不二家」が、ホワイトは、幸運を呼ぶ縁起が良いという意味合いから、ホワイトデーと名づけたという説もあるようです。

お返しに込められた意味とは?①【マシュマロ】


マシュマロは、あなたが嫌いを示す意味合いがあるとか。

昔は、確かに良い意味もあったそうですが、最近は、悪い意味でマシュマロが普及しています。

しかし、マシュマロをお返しにするなら、チョコレートを包んだマシュマロから、あなたの愛を純白で包みますという意味がある一方で溶けてなくなるから良くないようですね。

でも考え方によっては、中にチョコレートが入っているので、あなたの気持ちを柔らかく包み込んでお返ししますという意味が込められていると思えば、決して悪くはないですね。

お返しに込められた意味とは?②【マカロン】

マカロンは、他の商品に比べて少しばかり値段が高いことから、特別な存在という意味があるようです。

お返しに込められた意味とは?③【クッキー】

クッキーは、サクサクしていて乾いたお菓子です。

そのために、サクッとドライな関係の意味合いから単に友達という意味があるようです。

まとめ

今やホワイトデーは、1400億円市場ともいわれるほどに成長しているようです。

すごいですね!日本から始まったというのも面白いなと思います。

一年に一度のイベントですから、気持ち込めて贈ることが大切なのかなと思いました♡